うさこママの妊活日記

36歳、2歳の子育て中の新米ママです。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が原因で不妊治療をしていたときの記録と 二人目希望のため再び始まる不妊治療の日々についての日記です。

クロミッドの効果的な飲み方は?決まった時間の食後がベスト!

クロミッドの効果的な飲み方は?決まった時間の食後がベスト!

 

クロミッドを飲むタイミングは食後!食後って食べた後どれくらいを指すの?

 

クロミッドを処方されたときにおおまかな飲み方の説明は受けていると思います。

でも「食後ってなに?食べた直後のこと?」「夜に飲めと言われたけど、この時間しか飲んじゃダメなの?」と不安になるかもしれません。

クロミッドは飲む時間が決まっているのでしょうか。そしていつ飲むのが良いのでしょうか。

 

薬を飲むときの食前、食間、食後っていつごろを指すの?

 

クロミッドは食後に服用します。薬を飲むときの「食後」というのは食べ終わってから30分くらいまでを指します。

クロミッドに限らず多くの薬は食後に服用するように指示されますが、何故この時期に飲むのでしょうか。

 

食事を食べた直後はお腹に食料や水分があり、消化のために胃液がたっぷり出ます。

刺激が強すぎて空腹だと胃腸を荒らす薬でも食後なら最小限のダメージにくい止められます。

 

さらに食べ物といっしょに消化されて吸収しやすくするタイプの薬もあります。

食後に薬を服用するのは胃腸を痛めるデメリットを最小限に抑え、いちばん吸収しやすい時間帯です。できれば食後すぐ~20分くらいの間に服用するのがベストのタイミングです。

 

ちなみに食前とは食事の20~30分前を指します。

胃液の影響を避けるのが主な目的で漢方薬など比較的穏やかな薬や糖尿病の血糖値安定薬などは食前に服用します。

 

食間とは「食事と食事の間」という意味です。

たとえば朝8時の朝食と13時の昼食の食間なら10時半くらいがベストのタイミングです。食べている間に飲むわけではないので注意しましょう。

食事が終わって2時間くらいが良いとされています。空腹で服用すると吸収率が高まり、効率よく薬の効果が現れます。

 

クロミッドは食後に服用します。

 

クロミッドの飲み方は食後です。

もし食後30分以上経っているならクラッカー1枚やアーモンド数粒でもいいので少しお腹になにかを入れてから服用すると安心です。

クロミッドを食前に服用すると胃腸を荒らす可能性があります。必ず食後に服用しましょう。

 

クロミッドはいつの時間に飲むのが良い?朝と晩のメリット・デメリット

 

クロミッドは朝か夜いつの時間に飲むのが良いのでしょうか。

クロミッドは24時間ごとに服用するのが理想です。

 

もし12時間後や36時間後などバラバラの時間に飲むと体内に残ったクロミッドの濃度が不安定になり、効き目がおかしくなることがあります。

クロミッドは体内に比較的長く留まる薬なのであまりシビアに時間調整をしなくても問題ないですが、1日1回処方ならできるだけ24時間おきに服用しましょう。(1日2回以上処方する場合は病院の指示に従います)

 

クロミッドの飲み方、朝のメリットとデメリットは?

 

クロミッドは朝に服用するケースと夜に服用するケースがあります。

これは病院ごとに指導が異なるので、まずは病院の指示通りに服用しましょう。

 

朝に服用するメリットは

・飲み忘れしにくい

・(同じ時間に服用しないといけないので)毎朝規則正しい時間に起きられる

 

などがあります。

どんな薬でも飲み忘れたら大幅に効果が薄れてしまうおそれがあるので、うっかり飲み忘れを起こしそうなら朝が良いかもしれません。

 

朝に服用するデメリットは

・副作用が気になる

・朝が慌ただしいと飲み忘れる可能性

 

があります。あまりにも朝が慌ただしい人は夜のほうが安心です。

 

クロミッドの副作用の感じ方は個人差があり、中には更年期障害のような症状で苦しむことも。

あまりにも辛いときは次の周期からは夜に服用したほうが幾らか楽にはなります。寝れば副作用も昼ほどには気になりません。

 

クロミッドを夜に服用するメリット、デメリット

 

夜に服用するメリットは

・副作用が辛くても寝れば乗り切れる

・就寝中は成長ホルモンがたくさん分泌される=卵胞も育ちやすい可能性

 

が挙げられます。

 

初めてクロミッドを服用するけれど副作用が心配、薬の反応が良すぎる人は夜に服用した方が良いかもしれません。

背を伸ばすのに欠かせない成長ホルモンは夜に寝ている間に盛んに分泌されます。

 

成長ホルモンは身長アップだけでなく体調を整える働きもあるので一生分泌され続けます。

成長ホルモンが盛んに分泌される夜にクロミッドを服用すれば成長ホルモンが卵胞も育ててくれるのでは、という声もあります。

 

ただ、クロミッドは長い時間体内に留まるので朝でも晩でも卵胞の成長に差がないというのが一般的な見解です。

 

夜に服用するデメリットは

・夕飯後にうっかり寝入ってしまい、服用を忘れやすい

が考えられます。

 

食事の後にすぐ寝たくなる、夜も家事などで慌ただしい人は朝に服用するほうが良いかもしれません。

 

朝なら朝だけ、夜なら夜だけ。時間帯を決めて服用しましょう。

 

朝と夜、どちらのほうが都合が良いかは個人差があります。自分に合うと思うほうを選びましょう。

必ず朝から飲むなら毎日朝に飲む、夜に飲むなら夜に飲み続けることを続けましょう。

忘れないために薬袋やピルケースを目立つ場所に置いておくと飲み忘れ予防になります。

 

クロミッドは何日目から服用開始?何時間あけるのが正解?

 

クロミッドの使い方は何日目からが一般的でしょうか。

日本ではおおよそ3日目から5~6日目ごろまでに服用するのが一般的です。

卵胞が育ちはじめるのは月経1日目からのはずなのに、何故こんな中途半端な時期から始めるのでしょうか。

 

クロミッドの服用開始日は脳を騙しやすい時期

 

クロミッドは女性ホルモンのエストロゲンのフリをして脳を騙す作用があります。

 

脳はまんまと騙されて「あれ?エストロゲンをたくさん感知してるのにぜんぜん体内でエストロゲンが効いてない!これはきっとエストロゲンが足りないせいだ、もっと出すように調整しよう!」と誤った指令を出します。

このおかげで体内にたくさんエストロゲンが作られて卵子が育ちやすくなり、排卵が促されます。

 

もし月経1日目からクロミッドを使うと脳はどんな反応をするでしょうか。

「生理が始まったばかりだし、エストロゲンの反応が体内でなくても当たり前」と放置する可能性があります。

だから卵胞が育ち始める時期=エストロゲンが増え始める3日目から6日目にクロミッドを服用するのがいちばん効率良いと言われています。

 

クロミッドの服用間隔は24時間?厳密にしなくても大丈夫。

 

薬が体内でどれだけの時間作用し続けるかは「消失半減期」という基準で判断します。

その名のとおり、体内でその薬の作用が半分まで減る時間を指します。

 

クロミッドの消失半減期は58時間、3日ほどです。さらに58時間経つと半分に、58時間経つとさらに半分に・・・とだんだんゆっくりと減っていきます。

服用して数時間で半減期を迎える薬が多いので、クロミフェン(クロミッドの主成分)は比較的体に残りやすい薬です。

 

半減期が長いということは体内で安定して長く作用するということです。クロミッドは24時間空けて飲むのが理想的ですが、分刻みで正確に服用しないといけないような薬ではありません。

朝なら朝に飲む、晩なら晩に飲む、とおおまかな時間帯を決めて服用すれば問題ありません。

とは言っても数時間以上変わるのはできれば避けましょう。

 

クロミッドの間違えた飲み方は?飲み忘れ・飲む時間のバラバラはNG!

 

クロミッドに限らず、薬の飲み方を間違えると効果が薄まったり副作用が強くなったりします。

・飲む時間がバラバラ(誤差は数時間以内までならOK)

・飲み忘れ、まとめ飲み

これらは間違えた薬の飲み方です。飲み忘れた場合は病院に相談して指示を仰ぎましょう。

 

一般的に薬を飲み忘れた場合は気づいたときに服用して、その後はその時間に服用します。

朝に飲まないといけないのに昼間で放置した場合はその場で服用して、次の日からも昼に服用する・・・という対処法を取ることがあります。

一回分あえて飛ばして次の服用時間まで待つように指示されることもあります。

クロミッドは体内半減期が長いのであまり深刻に受け止めなくても良いと言われますが、できるだけ飲み忘れしないように対策しましょう。

 

いちばん良くないのは「まとめ飲み」。

肝臓などに強い負担を与えてしまい、副作用のリスクが跳ね上がります。

薬は食事ではないので空腹だからたくさん服用すればいいというものではありません。まとめ飲みは絶対に止めましょう。

 

クロミッドが苦くて飲みづらい・・・服薬ゼリーで無理なく服用

 

クロミッドは大きめな白い錠剤で舌に当たると苦味がします。クロミッドが苦いと感じる人は意外と多いのです。

 

そんなときは薬局で売っているゼリー状の嚥下剤を使ってみましょう。

特に「らくらく服薬ゼリー」は飲み込みやすく、薬の作用の邪魔をしないと好評です。甘さやお菓子のような匂いが気にならないなら子供向けの「おくすりのめたね」でも簡単に飲めます。

 

嚥下ゼリーの使い方は簡単で、小さめのコップにゼリーを入れてクロミッドを中に入れ、混ぜてそのまま飲み込みます。舌に薬が当たらないのでツルリと楽に飲み込めます。

子供やお年寄り向けの商品なので恥ずかしく感じるかもしれませんが、不愉快な思いをするくらいなら是非使ってみましょう。