30代の妊活ブログ【うさこママ日記】

36歳、2歳の子育て中のママです。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が原因で不妊治療をしていたときの記録と 二人目希望のため再び始まる不妊治療の日々についての日記です。

クロミッドを服用して起こるかもしれない低温期の変化

クロミッド服用中の低温期の変化

クロミッドを飲んだら基礎体温が変わった!?どんな変化が起こるの?

クロミッドを服用すると低温期の体温が高くなることがあります。 基礎体温表を付けると体温変化にビックリすることもあるかもしれません。

 

ネットの掲示板では低温期が高いことを心配する声もあります。 これはクロミッド特有の副作用(?)なので、内診を受けているなら心配しなくても大丈夫です。

むしろ基礎体温そのものが上がっている可能性があるので、これは嬉しい作用ですね。

 

基礎体温とは人間の生命維持に欠かせない必要最低限の体温のことで、目覚める前寸前の体温を測ります。

人間の基礎体温は36℃台で、35℃台まで落ちると免疫力が低下して病気を引き起こしやすくなります。

 

基礎体温は体を冷やす習慣、栄養バランスの偏りや過度な食事制限、ストレス、運動不足などで下がると言われています。

食事を抜くような過度なダイエットは絶対に止めましょう。 基礎体温を上げることは妊娠にも有利になると言われています。

 

低温期でも温度を上げる厄介者、遺存卵胞とは

 

しかし、クロミッドを何回か使用している方が注意したいのは遺存卵胞です。

クロミッドを服用すると十分に成長したはずの卵胞が排卵されず、そのまま卵巣に居残ることがあります。

 

これが「遺存卵胞」です。

遺存卵胞は高温期だけ大量に出るはずの黄体ホルモンを低温期でも放出して、低温期の基礎体温を上げてしまいます。

 

しかし遺存卵胞は内診ですぐに把握できます。排卵が終わったはずなのに卵巣の中に巨大な卵胞が居座っているなら、これが遺存卵胞です。

 

もし遺存卵胞が見つかったら1周期お休みして消滅を待ち、いつまでも居残る場合は卵巣に注射針を刺して吸い出すこともあります。 逆に言えば、遺存卵胞がなければ低温期の体温が上がっても心配はご無用です。

 

低温期なのに高温に体温が上がるのは、クロミッドの副作用ですが、心配しすぎず過ごしましょう

 

クロミッドを服用すると低温期なのに高温になるのは何故でしょうか。クロミッドがなぜ排卵の効果があるのかを知ると理解しやすいでしょう。

 

クロミッドは脳の視床下部という部分に働きかけます。クロミッドは低温期に多いエストロゲンというホルモンによく似た形をしています。

 

エストロゲンは卵胞を育て、子宮内膜を育てる作用があります。女性らしい魅力的な体を作り、活発にする作用もあります。低温期はぜひ体を動かして元気よく活動したいですね。

 

クロミッドはエストロゲンのような形をしていますが、エストロゲンの働きはほとんどありません。そのくせエストロゲンよりも視床下部に作用しやすい特徴があります。

 

クロミッドを服用すると視床下部にとっては「エストロゲンに満たされたはずなのに、なぜか卵胞も子宮内膜も育たない)という摩訶不思議な状態と勘違いしてしまいます。

 

こうなったら視床下部はどう判断するのでしょうか。(この異常事態はきっとエストロゲンが足りないからに違いない)と判断します。

 

視床下部は下垂体という部分に卵胞を刺激し、黄体形成ホルモンを放出するように促します。

普段より多く卵胞を刺激されるので、卵胞が育ちやすくなるのがクロミッドの作用です。自分自身のホルモンで育てるので比較的安全な排卵法と言われています。

 

この黄体形成ホルモン(LH)は高温期の体温を上げる作用のあるホルモンです。

LHが増えることで低温期の体温上昇を引き起こすと考えられます。 これはクロミッドの副作用なので、(こんなものだ)と思って気にしないのが一番です。

 

クロミッドで体温が上がるのは自然なことで、むしろ妊娠に近づいている証拠だと前向きに捉えましょう。

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼

クロミッドとエストロゲンの関係

 

ゆっくり卵が育っていますークロミッドで低温期が長い理由は?

 

クロミッドを服用すると低温期が長くなることがあります。基礎体温表を付けても(あれ?)と思うかもしれません。

 

実はクロミッドには排卵を抑制する作用もあり、十分に育ったのになかなか排卵されないことがあります。

通常は卵胞が20mmも育てば排卵しますが、クロミッドを服用すると25~30mmまで成長することがあります。

 

排卵されない限りは低温期が続くので、そのぶん低温期が長引く可能性は十分にあります。きちんと排卵できれば全く問題ありません。

 

ひどい場合は排卵されずにそのまま卵巣の中に居残ってしまうこともあるので、内診で卵胞チェックは欠かせません。

内診はあまり気持ちの良いものではありませんが、クロミッド治療を受けている間は必ず受けなければいけません。

 

卵胞が早く育ったのが原因?クロミッドで低温期が短い理由

逆に、クロミッドを服用したら低温期が短いこともあります。これは歓迎すべき作用で、卵胞が育ちやすくなった証拠です。

 

個人差はありますが早い方は月経9日目で排卵することもあります。有り余る卵胞刺激ホルモンの作用で元気にすくすく卵胞が育った結果なので、これは歓迎すべきことです。

 

もしタイミング療法でクロミッドを服用されているなら、タイミングは早めに取ると良いと言われています。

精子は3~4日ほど生き延びることができるので、いつ排卵しても精子をスタンバイさせておけば妊娠の確率を上げることができます。 (病院によっては禁欲期間を設ける場合もあるので、その場合は病院の指示に従いましょう)

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼

 クロミッドは間接的に黄体ホルモン分泌を促し高温期を安定化させます

 

医師から指摘されない限りは大丈夫!クロミッドで低温期がガタガタなときは?

 

クロミッドを飲んだら低温期がガタガタになった!という声もあります。基礎体温がガタガタになることもあるようです。

 

ガタガタ基礎体温で一番怖いのは無排卵です。

高温期も低温期もなく1周期ずっとガタガタしていると排卵していない可能性が高くなります。クロミッドの排卵誘発作用がうまく作用していないのかもしれません。

 

しかし基礎体温表というのはあくまで参考値で、急激な気温の変化やストレスで簡単に上下するものです。

特に秋から冬にかけて急に冷える時期は口の中まで冷えてしまい、うまく基礎体温が測れないこともあります。

 

医師が何より参考にするのは内診です。卵胞を超音波でチェックすることよりも確実な観察法はありません。

 

もし無排卵なら卵巣の中の卵胞は排卵されずに消滅してしまいます。 もちろん基礎体温表を付けてチェックすることは大事です。

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼

クロミッドでも無排卵が治らないときは?無排卵月経でも妊娠できる?

 

自己管理ツールとしては非常に優秀で、ある程度の排卵や月経日を把握することができます。病気にいち早く気づける場合もあります。

 

しかし内診を受けているなら、医師の判断にお任せしましょう。医師から卵胞が育っていない、と言われない限りは過度な不安は無用です。

多くの病院では超音波で卵巣を観察する様子をモニターで見せてくれます。