30代の妊活ブログ【うさこママ日記】

36歳、2歳の子育て中のママです。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が原因で不妊治療をしていたときの記録と 二人目希望のため再び始まる不妊治療の日々についての日記です。

デュファストンは排卵を邪魔しないホルモン剤。通常は排卵後から服用します

デュファストンは排卵を邪魔しないホルモン剤。通常は排卵後から服用します

デュファストンは排卵抑制作用がない黄体ホルモン剤

 

デュファストンは黄体ホルモン剤ですが、排卵を抑制する作用がありません。

黄体ホルモンと卵胞ホルモンは相反する性質があり、一方が増えると一方が減ります。

 

低温期は卵胞ホルモンが優勢で、高温期は黄体ホルモンが優勢になります。

だから本来は黄体ホルモンが増えると卵胞ホルモンが減り、排卵が抑制されます。

 

しかしデュファストンには排卵を止める作用がありません。

うっかり排卵前にデュファストンを飲んでも排卵することはできます。 何故このような作用があるのでしょうか。

 

デュファストンはあなた自身の黄体ホルモンと協力して初めて効果が生まれるのが原因かもしれません。

排卵する時期にはまだ体内の黄体ホルモンは少ないので、そこにデュファストンが入っても排卵抑制効果が限定的だからという可能性もあります。

 

もちろんデュファストンは排卵した卵に副作用を起こしません。

万が一排卵しても焦らずタイミングを取ってみましょう。妊活にはこんな突拍子もないハプニングが時々起こります。 思い通りに運ばないのが妊活です。

医師も万能ではないし、排卵は無理と言われても排卵することもあります。(逆のケースもあります)デュファストンはこんなハプニングでも悪影響を与えない薬です。

 

通常は排卵後からデュファストンを服用します

 

とはいってもデュファストンは高温期に服用する薬です。

故意に排卵前に飲むような薬ではないので、「医師の指示がない限り」低温期や排卵期に服用するのは避けるべきです。

 

デュファストンは不正出血を防ぐ作用があります。

妊娠後なら別ですが妊娠をしていない時期の低温期から使うことは珍しい薬です。 デュファストンは排卵後から服用するのが普通です。いつから投薬が始まるのかは個人差がありますが、排卵検査薬や内診で排卵が確認されてすぐ~数日後(2日後)に服用開始することが多いようです。

 

服用の時期や量は必ず医師の指示通りに行いましょう。

デュファストンはホルモン剤の中では比較的安全な薬ですが、それでもホルモンバランスに影響を与えるのは間違いありません。自己判断で勝手に服用を早めたり止めたりするのは厳禁です。

 

デュファストンを使った後から排卵痛?

 

卵胞がなかなか育たず、これ以上待っても排卵が望めないと医師が判断することがあります。もちろん排卵しなくても生理は来ますが、確実なリセット目的でデュファストンを出されることがあります

 

黄体ホルモンは卵胞が破裂した後のカラから分泌されます。

破裂しなくても弾けなかった卵胞から黄体ホルモンを放出することもあります。 もし他の黄体ホルモン剤だと、服用した時点で排卵に至ることは難しいかもしれません。

しかしデュファストンだけは、もし育つ力がある卵胞ならそのまま育ち続けます。

 

排卵痛がする?!でも、それが排卵した証拠はありません

 

デュファストンを服用した後に排卵痛が出ることもあります。

ただし、それが本当に排卵痛なのか、他の腹痛と勘違いしたのかを判断するのは難しいのです。(排卵検査薬を使えば、タイミングが良ければ判明することもあります)

 

排卵の直前に出る「伸びるおりもの」も確実に出てくる保証はありません。

そしてLUF(成長したのに卵胞を放出しない卵胞)の場合でも黄体ホルモンは分泌され、基礎体温が上昇します。 確実に排卵したかどうかを確認したいなら超音波検査をするしかありません。

 

しかし、排卵されなかった卵胞はやがて卵巣の中で消滅していくので、本当に排卵したのか消滅したのかを見極めるのは難しいのです。

 

万が一排卵しても大丈夫!ぜひタイミングを

 

しかし本当に排卵したとしても、単なる勘違いだとしても、ダメもとでタイミングは取ってみるべきでしょう。

デュファストンは排卵に悪影響を与える薬ではありません。もし排卵していたなら絶好のチャンスです。妊活は時間が限られているので、残り時間を有効にするためにもチャンスは逃さないほうが良いでしょう。

 

たとえ排卵していなくてもタイミングは重要です。生殖のためだけでなくコミュニケーションの一環として楽しむのも大事です。

不妊治療の医師の説明では、タイミング関係なしで性交することの重要性を語られることがあります。単にタイミングが足りなくて妊娠に至らない夫婦も多いのだそうです。 妊娠してもしなくても、タイミングは取りましょう。

 

デュファストンに排卵誘発効果はありません。排卵誘発は他の薬で行います

 

デュファストンは排卵を邪魔する作用はありません。

しかし「邪魔しない」だけなので、排卵誘発剤にはなりません。

 

排卵を誘発するホルモンはLHホルモンという別のものです。

卵胞が十分に育つとLHが急激に増え、その24時間後くらいに排卵します。LHのピークでなく、一定期間経ってから排卵が起こるのが特徴です。

 

体外受精で採卵するときはLHの力を借りて排卵の時間をコントロールして、排卵される時間より前に採卵を行います。 採卵の排卵誘発は妊娠中に大量に分泌されるhCGというホルモンの注射で代用します。

 

他にもLHホルモンに近い薬は様々あります。

デュファストンは純粋な黄体ホルモンだけの薬なので、服用しても排卵する作用はありません。デュファストンが原因で排卵が早まることはないので、もしデュファストンを服用した周期の排卵時期が変わった場合は他の原因があります。

 

卵胞ホルモン剤の効果が出た、偶然この周期に現れた卵胞の質が良くなかった(治療する周期に限って・・・と言いたくなるかもしれませんが、健康な女性でも時々起こるトラブルです)などが考えられますが、デュファストンが直接の原因になることはないのです。

 

デュファストンが原因で卵子を悪くすることはありません

 

黄体ホルモン剤は本来、卵胞を育てたり排卵する作用を邪魔する作用があります。

卵胞を育てるホルモンと体内を妊娠体質に近づけるホルモンは全く別のものです。 デュファストンは排卵期に誤って服用しても排卵を妨げない、という珍しい性質があります。

 

医師の指導もなく故意に排卵期や低温期に服用してはいけませんが、「万が一でも排卵するかも?!」という時には最適な薬と言えます。

繰り返しますが、デュファストンを服用したからと言って排卵した卵子に悪影響はありません。

 

ただ、リスクが一切ない状態でも赤ちゃんには一定の確率で奇形は起こります。不妊治療をしても自然妊娠でも、そのリスクに差はありません。 その奇形も大半はごく軽いもので、手術や治療で改善します。いざとなれば医療の力を借りられるので安心して妊娠に臨んで下さい。