30代の妊活ブログ【うさこママ日記】

36歳、2歳の子育て中のママです。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が原因で不妊治療をしていたときの記録と 二人目希望のため再び始まる不妊治療の日々についての日記です。

デュファストンで生理が変わる?服用中、服用後にこんな変化が起こるかも?

デュファストンで生理が変わる?服用中、服用後にこんな変化が起こるかも?

デュファストンは生理周期を整える薬です。服用中に生理は理論上起きません

 

デュファストンは高温期を支える黄体ホルモン剤です。

女性は体内に黄体ホルモンがある程度残っている間は子宮内膜が崩れません。黄体ホルモンが減り、子宮内膜が維持できなくなると排出されるのが生理です。

 

だからデュファストンを服用中に生理が起こることは理論上ありません。

よほどホルモンバランスが崩れているなら別ですが、デュファストンをきちんと毎日服用している途中で本格的な生理が来ることはまずありません。 (不正出血が出る可能性はあります)

 

デュファストンと卵胞ホルモン剤で生理不順を改善する!

 

月経不順の女性は少なくありませんが、その理由はたくさんあります。

中枢神経にトラブルが起こって月経周期の信号がうまく伝わらない、極度の栄養失調で生殖を後回しにしている、夜更かしやストレスなどで自律神経が乱れている、卵巣の中の卵子が少なくてホルモンの分泌が不十分などが原因です。

 

何の不摂生もストレスもないのに初潮のころからずっと不順なままの人もいます。

初潮から数年は不安定で、月経不順になりやすい時期ですが、20歳を越えるころにはその人なりの周期に安定しているはずです。

 

月経不順はタイミングが取りにくく妊娠の妨げになるので、妊娠を望むなら月経周期を安定させる治療を受けましょう。 月経周期を安定させるためにもデュファストンを使うことがあります。

 

月経後からプレマリンなど卵胞ホルモンを服用して、排卵後からデュファストンを一定期間服用します。デュファストンの服用期間が終われば、やがて月経がやって来ます。

 

ホルモンを補充することで体が本来のリズムを取り戻して、月経不順が改善していきます。1回の治療で定期的な月経周期になることも多く、タイミングを取りたい方はぜひお勧めしたい治療です。

 

デュファストンの服用が終わったのに生理が来ない?!しばらく様子見を

 

デュファストンの服用期間が終わり、妊娠判定が陰性でも急に生理がこないことはよくあります。 デュファストンは比較的すぐに体外に出て行く薬で、服用して数時間くらいで半分くらいが排出されます。

 

しかし完全に抜けるのは数日から1週間ほどかかります。

デュファストンが終わってから、いつごろ生理が来るかは個人差があります。多くの方は数日中に生理がきたと言いますが、まれに1週間かかる人もいます

 

服用後7日は様子を見て、それでも生理がこないならすぐ病院で診てもらいましょう。 時々、妊娠判定日に陰性だったのに実は陽性で、1週間後にやっと陽性が出ることがあります。

血液検査で妊娠判定をする病院なら滅多に起こさないトラブルですが、尿検査だけだと時々起こります。

 

調べても陰性なら、生理を起こす処置を行います。

さらに経過観察することもあれば、プラノバールやルトラールなど、より強い女性ホルモン剤を使うこともあります。あなたの体調や女性ホルモンのバランスを診ながら処置するので、必ず病院に通院しましょう。

 

デュファストンを使った周期の生理量が少ないときは卵胞ホルモンが少ない証拠

 

もしデュファストンを使った周期の生理量が少ないなら、卵胞ホルモンの量が少なかった、血流が極度に悪化していたなどの理由が考えられます。

卵胞ホルモンは月経直後から増えるホルモンで、その名のとおり卵胞を育て子宮内膜を育てる大事なホルモンです。十分な卵胞ホルモンが分泌されなければ卵胞は育たず、排卵もできません。

 

生理の量は卵胞ホルモン分泌量の目安になります。

デュファストンのせいで生理量が減ったのではなく、もとから今周期は卵胞ホルモン分泌が十分でなかった可能性もあります。

卵胞ホルモンの値は血液検査ですぐ分かります。 卵胞ホルモンの数値が正常だったのに極端に生理の量が少ないなら、冷えや緊張、ストレスなどで血流が悪化していた可能性があります。

 

ただでも妊活はストレスが溜まりやすいものです。

薬の副作用、先が見えない治療に積み上がる治療費、家族と険悪になりやすくもなります。 こればかりは成るようにしか成りません。

病院の治療方針に疑問があるなら転院するのも手段ですが、無理ない範囲で体を動かして血流を良くするのも大事です。 冷えに気を付けて、腹巻やレッグウォーマーを付けるのもお薦めです。

 

デュファストンを服用した周期の生理量が普段より多い?!うまく黄体ホルモンが補充された結果です!

 

もしデュファストンを服用した周期の生理量が多いなら、妊娠体質に改善された証拠になります。うまく卵胞ホルモンと黄体ホルモンが連携を取れた証です。

今周期は残念な結果だったかもしれません。しかしこの状態を維持できれば、元気な受精卵があればいつでも妊娠できる可能性がグッと上がります。

以前より妊娠に近づいた証拠なので、ぜひ希望を持って次に繋げたいですね。

 

生理が来たら泣きたくなりますが、デュファストンの効果は十分にあったと前向きに考えると楽になります。なかなか良いほうに心を向けるのは大変ですが、一歩前進したのは間違いありません。

 

生理が遅れるのは自然なこと?!デュファストンで生理が遅れる理由

 

デュファストンは生理を遅らせることができる薬です。

たとえば大事な用事がある時期をずらすためにデュファストンを服用して生理の日をずらすことができます。

デュファストンは(妊娠していなければ)服用後数日くらいで生理が来ることが多い薬です。普段とは生理周期がかなり変わるので、生理周期が安定している方は焦るかもしれません。

 

でも待っていればそのうち生理はやって来ます。

体内に黄体ホルモンが増える理由、たとえば妊娠などがなければ、必ず生理がやって来ます。生理が遅れるとまだか、まだかと焦りますが、焦ってものんびりしても体内の黄体ホルモンが減れば生理は来ます。

 

デュファストンの服用を止めれば、また普段と同じ生理周期が戻ってきます。今は一時的に薬で周期が変わっているだけで、もとから生理周期が安定している方はすぐにそのリズムを取り戻すでしょう。

 

深刻な黄体ホルモン不足だとデュファストン服用後、予定日より生理が早まる可能性も・・・

 

ただし、極端に黄体ホルモンが少ない方だとデュファストンを使い終わった後、早い時期に生理が来ることがあります。 妊娠判定日には血液検査で体内の黄体ホルモンの数字を確認するはずです。

 

その数値があまりに低い場合は次の周期からはデュファストンではなくもっと強い黄体ホルモン補充を行います。

飲み薬だけでなく、hCGというホルモンを筋肉注射する治療もあります。 極端に黄体ホルモンが不足していると生理前や生理予定日にデュファストンの効果が切れる可能性はあります。

 

ちょっとした不正出血なら気にしなくても良いですが、もし本格的に生理が始まったらすぐに病院に連絡しましょう。

 

生理トラブルは複合的な原因が。ぜひ病院に相談を

 

デュファストンを使った周期に生理痛がひどかった、血の塊が出た、腹痛が特に強かったなど、生理トラブルが出るかもしれません。

デュファストンそのものに生理痛を引き起こす物質(プログタグランジン)は含まれていません。

 

しかし黄体ホルモン剤なので月経前症候群を起こすことはあります。

生理前にイライラする、からだがだるい、むくみがひどいなどの症状は黄体ホルモンが引き起こします。

このストレスで血管が縮み、憂鬱で体を動かさずにいると血流がどんどん悪化します。

 

血流が悪いと生理がうまく起こせず、より多くのプログタグランジンを放出すると考えられています。これが生理痛が悪化する原因です。

 

できるだけ血流を良くするように、無理のない程度に動きましょう。そして同時に医師に生理トラブルを報告しましょう。

きちんと医師も把握していないと、内診でも見逃しやすいのです。ひどいケースでは卵巣が腫れ上がって卵巣ガンになっていたのに、内診していたのに医師が長い間気づかなかったという事もあります。

超音波の画像を診るのは意外と難しく、医師でも見落とすこともあります。「内診してるから大丈夫」と思わず、必ず生理トラブルを報告しましょう。