30代の妊活ブログ【うさこママ日記】

36歳、2歳の子育て中のママです。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が原因で不妊治療をしていたときの記録と 二人目希望のため再び始まる不妊治療の日々についての日記です。

基礎体温がガタガタでも排卵してる?排卵日が分からない、無排卵ならどうすべき?排卵検査薬って?

基礎体温がガタガタでも排卵してる?排卵日が分からない、無排卵ならどうすべき?排卵検査薬って?

基礎体温ガタガタと排卵の関係って?排卵日付近のホルモンはどのように変化しているの?

 

女性の生理周期に伴うホルモンの分泌の変化は、排卵期に特に大きく変化します。

 

生理が終わった後の低温期には、脳の下垂体から分泌された卵胞刺激ホルモン(FSH)によって卵胞が目覚め、成長しながら卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されています。

卵胞が育ってくるにつれて、たくさんのエストロゲンが分泌され、血液中のエストロゲンの濃度も上がります。

 

排卵前の卵胞は18~20ミリくらいの大きさに成長しています。

それを受けて脳の下垂体は、今度は黄体化ホルモン(LH)を一気に分泌するので、LHの濃度が急激に上がります。これをLHサージと呼びます。

 

LHサージの直後に基礎体温は一旦ガクッと下がり、最低値を記録します。

LHサージが起こると、卵胞に刺激が伝わり、排卵が起こります。LHは、黄体化ホルモンという名前の通り、排卵が終わった後、卵巣内に残った卵胞を黄体に変えます。

黄体からは、子宮内膜を着床しやすくし、妊娠を維持するための黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が始まります。

そしてプロゲステロンの体温上昇作用によって基礎体温が上がり、高温期に入っていきます。

 

このように排卵期にはホルモン分泌の大きな切り替えが起こっているということになります。

基礎体温が乱れているということは、このような排卵期のホルモンの切り替えや排卵がうまく起こっていない可能性もあります。

 

排卵がきちんと起こるためには、十分に成長した卵胞、エストロゲンによって厚くなった子宮内膜、排卵を促すLHホルモンなどの分泌の条件が揃っていなければいけません。

 

排卵期だけでなく、それ以前の低温期に、卵胞の成長がうまくいかないと、エストロゲンも不足し、排卵のLHサージが起こりにくいなどの影響も出てきます。

 

排卵はしているみたいだけど基礎体温はガタガタ・・・これでも大丈夫?

 

基礎体温の情報から、排卵しているかどうかを予測する場合、低温期と高温期の2相性になっていれば、基本的には排卵が起こっていると考えます。

 

日々の基礎体温の変動があり、グラフがガタガタしていると分かりにくい場合もありますが、基礎体温は体調や測定するときの条件などによってもすぐに変わります。

 

そのような時は、周期全体を大きく見てみましょう。

なんとなくでも低温期、高温期が分かれて、体温の差が0.3℃以上あり、生理も来ているのであれば、あまり心配しすぎず、しばらく様子をみても良いでしょう。

 

しかし、例外として基礎体温は2相性になっているのに排卵が起きないこともあります。排卵してると思っていたら実はしていなかったということもあり得ます。生理周期が不安定など気になる場合は、受診しておくと安心です。

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼ 

基礎体温の高温期がガタガタになるのはどうして?妊娠しているのに高温期が乱れることもあるの?

基礎体温の低温期がガタガタになるのはどうして?低温期の乱れのパターンや改善方法について

 

基礎体温がガタガタで排卵日が分からない、こんなときはどうする?

 

基礎体温がある程度整っていれば、低温期と高温期の境目が排卵期となることは予測しやすいですが、ガタガタに乱れていると排卵日を特定しにくくなります。

 

妊娠を希望している場合は、やはり排卵日付近に意識してタイミングをとる必要があるので、排卵日が分からないと困ってしまいますね。

基礎体温がガタガタでも、自分の生理周期の日数がある程度安定していれば、そのパターンから排卵日を予測することはできます。

 

生理周期は人によって違いますが、排卵後の黄体の寿命は一定なので、高温期の期間は約14日です。次の生理予定日から逆算して、14~16日前が排卵日と予測できます。

これは、オギノ式という古くから利用されている計算方法ですが、あくまで目安です。

 

やはり、基礎体温がガタガタで排卵日も分からないという場合は、排卵障害などの可能性も高いので、受診したほうが良いでしょう。

基礎体温がガタガタだと、生理周期も乱れていることが多いので、生理日から日数を数える方法も難しくなりますよね。

 

基礎体温がガタガタで無排卵かも・・・どうすれば良いの?

 

基礎体温がガタガタで、全体的に見ても2相になっていない場合は無排卵の可能性が高いでしょう。

 

無排卵は特に問題のない健康な女性でも、数か月に1度くらいは起こることもあります。

1周期だけ、2相になっていないのなら、たまたま無排卵の周期があっただけかもしれません。

 

しかし、何周期も続けて、またはよくそんな周期がある場合は、何らかの原因があると考えた方が良いでしょう。

無排卵は妊娠を希望している場合は、不妊に直結する問題です。今すぐに妊娠を希望しないとしても、放っておいてよいわけではありません。

無排卵になっている原因を特定し、それに合った治療をしていくことが大切です。

 

無排卵の場合、基礎体温は1相性で低温期のような低めの体温が続き、生理周期も長い、短いなど乱れやすくなるという特徴があります。基礎体温の乱れ方のパターンも、判断するための情報となります。

 

基礎体温がガタガタでも排卵を知ることができる?排卵検査薬ってどんなもの?

 

病院のエコー検査で、卵胞の成長の様子をチェックしていれば、高い確率で排卵日を特定できますが、そうでなけばはっきりと排卵日を知るのは難しいですよね。

 

基礎体温では排卵日あたりに体温がガクッと下がるとはいわれますが、微妙な基礎体温の変化が必ず分かるわけでもないし、実際には体温が下がった日に必ず排卵が起こるわけではありません。

 

排卵期はだいたい5日間くらいですが、より、その日を知りたいときに使われているのが、排卵検査薬です。

排卵検査薬は、妊娠検査薬と同じように尿を試験紙にかけ、ホルモンを検出するものです。排卵検査薬で調べるホルモンは、LH(黄体化ホルモン)です。

 

LHは、排卵前に一気に分泌量が増え、LHサージが起こります。

LHサージは排卵の約1日前に起こるので、その少し前から数日連続して検査を行います。

 

反応が強くなっていればLHの量が増えているということになるので、そのLHサージを感知することで排卵日が予測できます。

生理周期が約28日くらいで安定している人は、前回の生理日から計算し、次回の生理予定日の17日前から検査を始めます。

 

生理周期が不安定な人は、最近の2~3周期の中で一番短かった周期の日数で計算し、次の生理予定日の17日前から検査を始めます。

検査を開始してから初めて濃く陽性反応が出れば、LHサージが起きたと考えてタイミングをとります。

 

検査初日にいきなり陽性反応が出れば、いつLHサージが起こったか分からないので、すでに排卵が終わっている可能性もあります。

反応がない、薄いなど陰性の場合は、その後しばらく検査を続け、陽性反応が出るのを待ちます。

 

基礎体温を参考にすることで、排卵検査薬の使用時期も分かりやすくはなりますが、基礎体温がガタガタで生理周期が乱れていると、どうしても分かりにくくなってしまいます。

 

私も、病院で不妊治療を始める前に、排卵検査薬を使用していた時期があるのですが、使用時期が見極められず、1箱全部使い切っても陰性だったり、反応が今一つ分かりにくかったりすることがよくありました。

 

生理周期が安定していないと、検査薬を使う本数は増えることが多いです。 一般的な排卵検査薬は指定された取扱い店舗の薬局などで、薬剤師による説明と確認、使用者の名前などの申請をすれば購入できます。

1箱7本入りや12本入りなどがあるので、自分の生理周期の傾向に合わせて購入しましょう。

 

使い捨てではありませんが、唾液で検査をする排卵チェッカーもあります。

排卵検査薬で実際に分かるのは、LHが出ている、LHサージが起こっている可能性です。

 

LHが検出されてもそれがその時のLHサージなのかは断定できませんし、LHサージが起こっても卵胞の状態その他で排卵日が影響される可能性もあります。 排卵検査薬を使用してもなかなか妊娠に至らない場合や、陽性・陰性反応が続く場合は、受診するようにしましょう。

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼ 

基礎体温がガタガタなら病院に行くべき?何科を受診すれば良いの?病院での検査や診察の流れも知っておこう