30代の妊活ブログ【うさこママ日記】

36歳、2歳の子育て中のママです。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が原因で不妊治療をしていたときの記録と 二人目希望のため再び始まる不妊治療の日々についての日記です。

夏は基礎体温がガタガタになりやすい?季節や気温による変動ってあるの?着床しやすい季節があるってホント?

夏は基礎体温がガタガタになりやすい?季節や気温による変動ってあるの?着床しやすい季節があるってホント?

基礎体温は季節や気温によって変動する?基礎体温に影響をもたらすものは何?

 

基礎体温は、生命維持のための基礎代謝を行っている時の体温のことで、朝、目が覚めた時、横になったままで測定します。

 

女性の基礎体温は生理周期によって変動しています。 基礎体温は、生理周期によるホルモンの影響を受けて変動していますが、些細なことで変化します。

 

例えば、風邪をひいて発熱した時は、基礎体温ももちろん高くなりますし、目が覚めた時に布団をかぶっていなくて体が冷えていたというような単純な理由でも変動はあります。

 

私は、長年基礎体温を測定していましたが、よく体温計を口にくわえたまま寝てしまい、口が開いていて低い値が出るということもたくさんありました。このような測定方法による誤差も大きいと思われます。

 

また、夜勤などで睡眠時間が不規則になったり短かったりするときちんと測定できないこともあります。基礎体温を測る場合、熟睡した時間が4時間以上ないとうまく測定できないといわれています。

 

1日だけ何らかの原因でうまく測定できなかった、基礎体温が乱れたというようなことはよくあることですが、周期全体を通して影響があると、気になってしまいますよね。

 

本来は体の状態を反映する基礎体温ですが、季節や気温などの周囲の環境によって影響を受けることもあります。室温などの影響は微々たるもので、このような場合の影響は、体に不調があるわけではないので、特に気にしなくても良いでしょう。

 

しかし、季節の変わり目や気温の変化などで体がついていけず、体調を崩し、自律神経やホルモンバランスの乱れが起こってしまうこともあります。ホルモンバランスが乱れることで生理周期にも悪影響がでてしまうことは問題になってきます。

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼

基礎体温がガタガタになる原因って?睡眠不足や体調不良による影響、ホルモンバランスや病気の可能性についても知っておこう

 

夏は基礎体温が高くなる?低温期でもあまり下がらないのはなぜ?

 

夏になると、気温が高いせいか、基礎体温が高くなると感じる人も多いようです。

 

人間は恒温動物なので、体温を一定に保つように調節できます。単純に、気温が上がると体温も上がるということはありませんが、真夏の暑さではやはり多少の影響は受けます。

暑さのため寝苦しいと、熟睡できる時間が少なく睡眠不足になったり、寝汗をかいたりする場合もあります。

 

反対に、就寝中に冷房をつけていることで体が冷えすぎてしまうこともあります。

また、屋外と冷房の効いた屋内との温度差が激しいと、体の反応がついていかず、自律神経が乱れホルモンバランスにも影響することがあります。

 

そのため、夏は基礎体温が周期を通して全体的に高め、低温期の体温が高いということも起こります。夏と冬の基礎体温の差はない場合も多いですが0.1~0.2℃程度の差が出ることもあります。

 

夏は、体を冷やしすぎないようにし、毎日の休息をしっかりととり、疲れをためないように意識することが大切です。

 

冬は基礎体温が低くなる?寒さや冷えの影響は?

 

夏とは反対に冬は気温が下がり寒さによって、体全体が冷えます。

冷えることで血流が悪くなり、寒さのため活動量が抑えられやすくなります。

 

本来であれば、寒い冬は基礎代謝の量は上がります。体は、寒さから身を守り、熱を産生して体を温めようとするからです。しかし、女性は男性に比べ熱を産生する筋肉量が少ないため、体質的に冷えやすくなっています。

 

また、現代の女性は、ストレスフルな環境や生活習慣などから心身が過度に緊張した状態の人も多く、それも体の冷えを招いています。体が冷えていたり過度なストレスがあったりすると、睡眠などの心身の休息が不足し、自律神経やホルモンバランスの乱れを起こしやすくなってしまいます。

 

しかし、反対に寒いからといって睡眠時に厚着をしたり、暖房や電気毛布などをつけたままにしたりと、過度に温めすぎてしまうのも良くありません。

人間の体は睡眠中は体温が下がるようになっています。眠りに入るとき、手や足などの体の表面に近い血管が開き、そこから熱を放散することで、体温が下がっていきます。

 

深い眠りになるほど体の奥の体温は低下しています。 温めすぎてしまうと、睡眠中の体温調節がうまくいかず、眠りが浅くなったり、途中で目が覚めてしまったりします。

 

また、起床時に基礎体温を測定する際も、熱がこもり、実際よりも高い値になる可能性もあります。 冬に基礎体温が乱れるのを防ぐためには、体が冷えないように心がけ、睡眠中は適度に温かくして質の良い睡眠がとれるように、整えてみましょう。

 

夏は妊娠しにくいってホント?着床しやすい季節ってあるの?

 

夏や冬は気温や環境による影響、それによってホルモンバランスなどの体調の変化が起こりやすいことら、基礎体温が乱れる場合があると分かりました。それが妊娠に影響することはあるのでしょうか。

 

夏は妊娠しにくい、春や秋は妊娠しやすいなどといわれる場合があります。これについては、様々な説がありますし、個人によって違いが大きいので一概に、着床しやすい季節があるとはいえません。

 

夏に妊娠しにくいといわれているのには、次のような理由が考えられます。

 

まず、男性側の要因として、精子は熱に弱いため、暑い夏は精子を生成するのに不利だということです。夏でも精子は作られますが、暑い夏に作られた精子は他の季節に比べて少し弱くなるともいわれます。

 

また女性側にも要因があります。夏は低温期の体温があまり下がらない場合があるということです。

 

低温期は排卵に向けて卵子を育てている期間にあたります。低温期の体温が高いと卵子が育つうえで影響があるともいわれています。

低温期が高温期に近いような体温になっているときはホルモンバランスの乱れなどの問題があります。

単純に暑いからというだけでなく、このようなことから、夏は妊娠しにくいというイメージがされやすいのかもしれません。

 

では、春や秋などの穏やかな季節では妊娠しやすくなるのでしょうか。

厚生労働省が発表しているデータで、月別出生数があります。つまり、その年に生まれた赤ちゃんが、何月に生まれているのかというものです。

 

このデータによると、平均的に7~9月が多くなっています。この時期に生まれるということは、女性の妊娠期間を考えると、10~12月あたりの秋から冬にかけて妊娠が分かった赤ちゃんということになります。

秋に妊娠しやすいのは、比較的過ごしやすい季節であることや、人間に近いサルの発情期が10~12月頃ということから、人間の動物としての性質が関係しているのではないかという説もあります。

 

しかし、出生数の季節ごとの違いはわずかな差ですし、その理由をはっきり知ることはできません。様々な事情に合わせて家族計画をたてる場合もあります。季節によっての妊娠のしやすさは、あくまでもそのような考え方があるという程度に捉えた方が良いでしょう。