30代の妊活ブログ【うさこママ日記】

36歳、2歳の子育て中のママです。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が原因で不妊治療をしていたときの記録と 二人目希望のため再び始まる不妊治療の日々についての日記です。

基礎体温ガタガタでも自然妊娠したい!妊娠のための基礎体温チェックのポイント、排卵のタイミングは?

基礎体温がガタガタでも妊娠したい!妊娠のための基礎体温チェックのポイント、排卵のタイミングは?

妊娠するために大切な基礎体温、自分の生理周期や妊娠力を知ろう

妊活するときは、まず基礎体温の測定から始めるという人が多いでしょう。

基礎体温は、女性の生理周期に伴うホルモンの変動や体調などを反映するものなので、妊娠するために大切な情報となります。

 

基礎体温は、朝、目が覚めたら体を動かす前に布団の中で測定します。

様々な種類の基礎体温計がありますが、基本的には口腔内で測ります。

 

基礎体温は、些細なことで変動します。その日の体調はもちろん、季節や室温、寝るときの服装が暑い、寒いと影響がありますし、睡眠時間が極端に少なかった、前日に飲酒をしたなど、普段と違う状況でも変化が起きやすいものです。

 

一時的な基礎体温の変動は心配ないことがほとんどですが、測定の条件や体調に変化があった時は、基礎体温と共に記録し、継続して正しく測定できるように心がけましょう。

 

正常な基礎体温は、排卵に向けて卵胞が育つ低温期と、排卵後に妊娠に備える高温期に分かれています。このような基礎体温を2相性といいます。

 

基礎体温は、一時的な変化にとらわれず、全体を見ることが大切です。

周期全体を通して、または2~3周期継続して自分の傾向をつかみましょう。

そこから低温期と高温期の2相に分かれているか、生理周期がある程度安定しているか、高温期の基礎体温が維持できているかをチェックしてみましょう。

 

大まかにでもこのような基礎体温になっていれば、妊娠のために必要な条件はある程度クリアできていると考えても良いでしょう。

 

基礎体温がガタガタでもあきらめる必要はありません。それでも妊娠できた人は多くいます。基礎体温の乱れは、治療が必要な病気が原因となっている場合もありますが、自分でできることから改善していくことで、妊娠の可能性を上げることはできます。

 

排卵のタイミングを逃さないことが大切!基礎体温を活用しよう

 

妊娠のためには、まず卵子と精子が出会わなくてはなりません。

排卵に合わせて性交渉を行うことがとても大切です。排卵のタイミングを逃さないようにするには、基礎体温からの予測が役立ちます。

 

低温期、卵胞形成ホルモン(FSH)の刺激が卵巣に伝わると、卵胞が成長を始め、卵胞ホルモンであるエストロゲンが分泌されます。

卵胞が十分に成長し、子宮内膜が厚くなり準備が整うと、排卵期に入ります。排卵を促すための黄体化ホルモン(LH)が大量に分泌され、排卵が起こります。

 

黄体から黄体ホルモンであるプロゲステロンが分泌され、高温期に入ります。

排卵期は、生理初日を周期1日目と数えて14日目ごろで低温期と高温期の移行期間に起こります。

 

基礎体温がガタガタだと、分かりにくいのですが、妊娠した人はこの排卵のタイミングをうまくつかむことができたということになります。

 

基礎体温だけでは分かりにくい場合、排卵検査薬を使うという方法もあります。排卵検査薬は排卵を起こすための黄体化ホルモン(LH)を感知します。

それによって排卵が起きる直前の徴候を知ることができるので、よりタイミングを合わせやすくなります。

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼

基礎体温がガタガタでも排卵してる?排卵日が分からない、無排卵ならどうすべき?排卵検査薬って?

 

自分でできる基礎体温ガタガタの対策は?小さなことからコツコツと、自然妊娠を目指そう

 

基礎体温がガタガタになる原因は様々です。

中には治療が必要な病気が原因になっていることもありますが、自分で対策出来ることもあります。

 

基礎体温がガタガタになっているということは、妊娠のために必要なホルモンバランスが乱れているということでもあります。

日常生活の中で、ホルモンバランスを乱す原因となるのは、ストレスや冷え、睡眠不足、不規則な生活習慣などです。

 

エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンは強いストレスを受けるとバランスを崩しやすく、いったんバランスが崩れることで悪循環になってしまいます。

睡眠不足や不規則な生活が続くと、本来ホルモンの分泌が増える夜間に、体を休めることが出来なくなります。

そのため、ホルモンの分泌が抑制されたり、切り替えがうまくできずにバランスを崩したりといったトラブルが起こってしまいます。

 

また、私も妊活中に悩んだことの一つだったのですが、妊娠したいのにうまくいかないという気持ち、焦りが、常にストレスになってしまっていたということがあります。

妊活のことばかり考えすぎないように、前向きになるようにと頭では分かっているのですが、それも難しいことで、気持ちがうまく切り替えられない自分自身にもイライラしたりと悪循環でした。

 

私の場合は、夫に話したり、自分の中のマイナスな気持ちも認めたりすることで少し軽くなることはありました。

妊活中の誰もが抱える悩みかもしれませんが、自分なりのストレス軽減方法を見つけることも大切です。

 

女性に多い体の冷えは、子宮や卵巣への血流を悪くし、またホルモンの働きにも悪影響を及ぼします。

これらの生活習慣の問題を一つ一つ見直し、改善していくことが大切です。

 

妊娠しやすい体をつくるため、十分な栄養を摂取することも必要です。食事だけでは不足しがちな栄養は、サプリメントなどを効果的に利用しましょう。

 

例えば葉酸は、胎児の神経管閉鎖障害を予防するためにも妊娠を希望している女性は妊娠前から摂取すべきとされています。

葉酸は貧血の改善やホルモンバランスを整える効果もあり、妊活中にはぜひ意識して摂りたいものです。

 

マカやルイボスティーなども冷えやホルモンバランスの改善に効果があるとされ、多くの妊活中の女性が摂取しています。

これらの自分でできる対策は、病院の薬のようにすぐに効果が実感できるものではないかもしれません。

しかし、コツコツと継続することによって、基礎体温が改善し、自然妊娠に近づく可能性もあります。

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼

基礎体温ガタガタを改善するには?マカ・葉酸などのサプリやルイボスティーの効果は?

基礎体温ガタガタを整える漢方はあるの?漢方薬の効果とは? 

 

基礎体温がガタガタ、もしかしたら治療が必要なことも。受診すべき場合とは?

 

始めに紹介したように、基礎体温が多少ガタガタでも、一時的な変動や、体調、季節など測定の条件に影響している場合は、心配ないことが多いので様子をみても良いでしょう。

 

しかし、基礎体温が乱れている根本的な原因として、病気があったとしたら、それを自分で改善するのは難しくなります。

 

例えば、排卵障害や黄体機能不全などは、不妊原因としても多い病気です。

基礎体温が周期全体で見ても2相に分かれていない、生理周期が極端に長い・短い、高温期の期間が短い、体温が低いなどの場合は、放置せずに、一度受診したほうが良いでしょう。

 

また、不正出血が続く、生理の出血の量や日数がおかしい、腹痛などの症状が強いようなときも、受診が必要です。 基礎体温の乱れが、体の異常を示すサインになっていることもあります。

 

放置してしまうと、妊娠が遠ざかるばかりでなく、命に関わるような病気を見逃すことにもなりかねません。

 

病院を受診する場合は、産婦人科や婦人科が一般的です。

妊娠を希望していて、不妊治療も視野に入れているなら、産婦人科や、不妊治療の専門病院の方がスムーズな場合が多いです。

 

病院では問診やエコー検査、採血によるホルモン検査などが行われます。原因に合わせて、生理周期を整えるための治療や不妊治療を行うことになります。

 

受診の際は、少なくとも3周期分くらいの基礎体温表を出来るだけ持参しましょう。 基礎体温がガタガタだと、本当に妊娠できるのか心配ですし、色々な方法を試してみて改善しないと、なにか病気があったらどうしようと不安になってしまうものです。

 

基礎体温と妊娠のポイントを知っておくと、自分の体のサインに気がつくこともあるので、妊活にしっかり活用していきましょう。

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼

基礎体温がガタガタなとき、どんな治療があるの?

基礎体温がガタガタなら病院に行くべき?何科を受診すれば良いの?病院での検査や診察の流れも知っておこう