30代の妊活ブログ【うさこママ日記】

36歳、2歳の子育て中のママです。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が原因で不妊治療をしていたときの記録と 二人目希望のため再び始まる不妊治療の日々についての日記です。

基礎体温ガタガタでも妊娠可能性はある?妊娠継続できる?着床後や妊娠初期のホルモンと基礎体温の関係は?

基礎体温がガタガタでも妊娠可能性はある?

妊娠したら基礎体温はどう変化するの?妊娠超初期・初期の基礎体温ガタガタとの関連は?

 

基礎体温がガタガタで、低温期と高温期の2相になっていないと、妊娠していないのではないかと心配になりますよね。

 

しかし、基礎体温がガタガタだからといって、必ずしも排卵できていないわけではありません。

もちろん、基礎体温は女性のホルモンの状態を示すもので、きれいな基礎体温になっていることはホルモンの状態が安定しているとも言えますが、排卵が起これば妊娠の可能性はあります。

 

 

妊娠すると、基礎体温にも変化が表れます。それは、妊娠が成立することによって、体内のホルモンの状態が大きく変化するためです。

 

妊娠は、まず受精卵が着床することで成立します。通常、高温期には、排卵後の卵胞が変化した黄体から、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が始まります。

黄体の寿命は14日程度続きます。排卵前に分泌が一気に増えていた卵胞ホルモン(エストロゲン)も、量は減るものの黄体から分泌は続いています。

 

妊娠が成立すると、受精卵の絨毛という組織からhcg(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が分泌されます。妊娠検査薬で検出されるhcgです。

このhcgの働きによって、黄体は消えずに、妊娠黄体と呼ばれるものに変化します。hcgが妊娠黄体を刺激し、プロゲステロンやエストロゲンの分泌が続き、妊娠を維持します。

 

ホルモンの分泌が続くことで、基礎体温は下がらず高温期のままになります。

妊娠黄体はその後もホルモンを分泌し続けますが、やがて胎盤組織がその役割を引き継ぐ妊娠7週以降から少しずつ退縮していきます。

妊娠が分かる前から続いていた高温期の体温は、胎盤がしっかりできてくる妊娠14週ころになると少し下がります。

 

このように妊娠のごく初期のころは、ホルモンの状態がガラッと変わり、不安定な時期でもあります。

妊娠すると高温期の体温が安定して続くとよく言われますが、不安定な時期なのでやはり乱れることもあります。

 

正常に妊娠しているかどうか、まだはっきり確認にしくいため、精神的に不安やストレスを感じやすくなります。

また、ホルモンの急激な変化に体がついていかず、眠気や頭痛、つわりのような吐き気など、体調不良を感じることも多いため、それも基礎体温が乱れる原因になります。

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼

基礎体温がガタガタになる原因って?睡眠不足や体調不良による影響、ホルモンバランスや病気の可能性についても知っておこう 

 

妊娠した時の高温期の基礎体温の特徴は?着床後に基礎体温がガタガタでも大丈夫?

 

妊娠したかどうかを知ることができるのは、生理予定日である高温期14日目を過ぎてからです。

 

しかし、その直前の高温期の後半の時期に、何らかの変化を感じる人もいます。

着床して間もなくホルモンのバランスが変化することで、様々な症状を妊娠の初期症状として敏感に自覚する場合もあります。

 

症状を感じるのは、絨毛からのhcg分泌が始まる排卵から約7~10日目以降が多いようです。

妊娠によって、黄体ホルモン(プロゲステロン)などの分泌が増えるため、着床後に体温がさらに少し上がり、2段階に上昇することがあります。

 

また、着床のころ体温を下げる作用のある卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が一時的に変わることで、高温期の中で体温が1~2日低下するインプラテーションディップという現象を経験する人もいるといわれています。

 

しかし、体温の2段階の上昇やインプラテーションディップは、ちょっとした変化にすぎません。測定の誤差で同じようなことが起こる場合もあります。

これらの変化がないからといって妊娠の可能性が低いということにはなりません。

 

いつ着床したかがはっきり分かるわけでもないので、あまりストレスを感じずに、高温期を過ごした方が良いのではないでしょうか。

 

妊娠検査薬は陽性だけど基礎体温はガタガタ、これって本当に妊娠?

 

生理予定日を過ぎ、妊娠検査薬が使える時期になり、結果陽性だったけれど、基礎体温がガタガタだと不安が募りますよね。

妊娠の判定は、一般的に尿に含まれるhcgホルモンの検出によって行われます。

 

不妊治療の病院では、採血をして血液中のhcgの値を数値で出す場合もあります。

このhcgは、着床後の絨毛組織から初めて分泌されるホルモンです。妊娠していなければ0に限りなく近い数値ですが、妊娠すると日々急激に分泌量を増していきます。

 

血液中のhcgの値は、妊娠4週で20~500、妊娠5週で500~5000、妊娠6週で3000~19000が目安となっています。(単位はmIU/ml) 

生理予定日1週間後から使用できる一般的な妊娠検査薬は50から、生理予定日から使える早期妊娠検査薬は25からhcgを検出できます。

尿検査と血液検査では少し違いもありますが、妊娠検査薬を使う時期によって、反応が出にくかったりすることも考えられます。

 

基礎体温があまり安定していなかったとしても、妊娠検査薬が陽性になっているということは、着床し、hcgの分泌が始まっているということです。

妊娠初期はホルモンのバランスが変わり、まだまだ不安定な時期です。

 

私は不妊治療中に、妊娠かどうか心配しすぎて、基礎体温が低めに出たりすると、信じたくなくて再度測ったりすることもよくありました。

再検した体温に意味がないのは分かっているのですが、すぐに測りなおしても意外と体温は変わりました。そのくらい、基礎体温は変わりやすいものだと実感しました。

基礎体温に変動があったからといって、あまり不安になりすぎないようにしましょう。

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼ 

基礎体温がガタガタなら病院に行くべき?何科を受診すれば良いの?病院での検査や診察の流れも知っておこう

 

基礎体温がガタガタでも妊娠は継続できる?

 

妊娠すると、高温期の体温が高めに安定し、妊娠初期は高温期が続くといいますが、基礎体温がガタガタだと、本当に妊娠が継続できるのか不安になってしまいますよね。

 

悲しいことですが、全ての妊娠が必ず出産につながるわけではありません。

全妊娠のうち、15%が流産になるといわれています。その大部分が妊娠12週まで、特に心拍確認前の初期流産で、胎児の染色体異常が主な原因です。

 

それに含まれない、胎嚢確認前の化学流産はさらに多いとされています。

化学流産や初期流産では、胎児の成長が止まってしまい、胎盤などの付属する組織の働きも止まります。

 

そのため、妊娠に伴って変化するホルモンの働きも維持されず、妊娠が継続できない状態になります。

高温期が続いていた基礎体温も、流産が起きると下がり、出血が始まることが多いです。

 

妊娠の週数が進むほどに、胎児の成長やホルモンの状態も進んでいるので、その分体に影響が残りやすく、しばらくは妊娠していたときと同じ症状が続くこともあります。

 

妊娠判定時のhcgの値が100以上ならその後の妊娠継続率は64~80%、200~500で80~95%、500~1000で95~100%というデータもあります。

 

私は、胎嚢確認前、心拍確認前の化学流産などの経験が何度かあるのですが、出血が始まる直前か当日に、体温が下がるということがほとんどでした。

高温期中の最低値や、低温期並みにガクッと下がったこともあります。しかし、これは基礎体温だけでなく、腹痛などの体の症状や、妊娠検査薬の反応が薄いなど、いくつかの不安な兆候も一緒に出ていました。

 

同じ初期流産や化学流産でも症状がある人ない人、基礎体温には変化がない人など個人によって様々です。

流産が始まってしまえば、防げる手立てはないといっても、妊娠が分かっている以上は、基礎体温の低下が続いたり、出血や強い腹痛などいつもと違う症状があれば、すぐに受診しましょう。

 

高温期に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は、着床後の子宮内膜を維持して、妊娠を継続させるために大切なホルモンです。

高温期の体温が低めだったり、日数が短かったりすると、黄体ホルモンが不足している可能性があります。

 

そのような場合は、薬によって黄体ホルモンを補充し、流産を予防する治療を行うこともあります。

初期の流産の原因は、防ぐことができないものですが、不安要素を取り除き、妊娠が継続できるための体の環境を少しでも整えておくことはとても大切です。