30代の妊活ブログ【うさこママ日記】

36歳、2歳の子育て中のママです。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が原因で不妊治療をしていたときの記録と 二人目希望のため再び始まる不妊治療の日々についての日記です。

ピル服用後に基礎体温がガタガタになる理由とは?

ピル服用後に基礎体温がガタガタになる理由とは?

ピル服用中、基礎体温はどうなっているの?

 

ピルは、女性ホルモンを複合して作られた薬のことです。避妊目的や生理周期の調整、子宮内膜症や月経前症候群(PMS)の症状改善など、様々な目的で使用されています。

 

ピルの主な成分は、卵胞ホルモンであるエストロゲン、黄体ホルモンであるプロゲステロンです。ピルはこれらのホルモンを薬で体内に入れることによって、ホルモンの分泌をコントロールしています。

 

そのため、ホルモンの作用によって変化している基礎体温も、ピルを飲むことで影響が出てきます。

 

女性の生理周期を司る主なホルモンは、まず視床下部からのゴナドトロピン放出ホルモン、下垂体からの卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)、そして卵巣からの卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

 

それぞれのホルモンは、生理周期の時期ごとに分泌される量が変化し、その濃度を感知しあいながら調節が行われています。ピルを飲むと、その成分であるエストロゲンとプロゲステロンを外から体に取り込むことになります。

 

本来、排卵を促す指令となるFSHやLHは、エストロゲン、プロゲステロンの濃度がすでに高くなっているため、分泌されなくなり、排卵がストップします。この効果が、避妊や卵巣を休ませるような治療に利用されています。

 

ピルには黄体ホルモンが含まれているので、一定期間内服し、飲み終わると子宮内膜が剥がれ生理が来るしくみになっています。基礎体温が低温期から高温期に変わるのは、排卵後に分泌される黄体ホルモンの体温上昇作用によるものです。

 

ピルを飲んでいると、低温期の体温は通常より高めに、高温期の体温は低めになる特徴があります。排卵がないので2相にはなりませんが、普段の低温期より高めの状態が、周期を通して続くという人が多いようです。

 

ピルを飲んでいる間は、薬によってホルモンの環境を作り出しているので、基礎体温をはかること自体にはあまり意味がなくなります。ただし、避妊目的でピルを服用する場合は、飲み始めてから安定するまでは、基礎体温をつけ、ピル以外の避妊法を併用するのが望ましいとされています。

 

ピルを中止すると基礎体温は戻る?生理周期はどう変わるの?

 

ピルを服用している間は、排卵が止まっているということを考えると、中止した後に排卵しにくくなるのではないか、将来妊娠しにくくなるのではないかという不安が出てきますよね。

 

ピルは、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの薬なので、中止してもずっと体内に影響が残るというものではありません。ピルの服用を中止すれば、短期間で、一般的には3か月前後で、自分の体のホルモン分泌による生理が再開します。

 

ピル服用中は止まっていた排卵も再開することになり、基礎体温も元に戻ってきます。年単位で長期間服用していても戻るので、排卵を止めていたからといって将来妊娠しにくくなるというものではありません。また卵巣や卵子の質に悪影響を及ぼすこともありません。

 

しかし、排卵が再開しても、必ずしも2相性のきれいな基礎体温になるわけではありません。ピル中止後は、元々の自分の生理周期に戻ることが多いので、排卵障害や黄体機能不全など基礎体温が乱れる原因があった場合は、その状態に戻るということです。

 

また、自分のホルモンの状態が安定するまで時間がかかることもあり、3か月以上たっても生理周期が戻らなかったり、基礎体温がガタガタになるという人もいます。ホルモンバランスが十分に戻っていない時期は、生理があっても排卵が起きていないことがあり、生理周期が長くなったり乱れたりすることも多いです。

 

反対に、これまで排卵障害があった人がピルの服用を中止した後、排卵しやすくなるという場合もあります。これは、ピル中止後のリバウンド現象といわれるものです。

 

ピル服用中は、排卵を起こすための卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)が抑制されています。ピルによって卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を体内に入れているからです。

 

ピルを中止すると、今まであったエストロゲンとプロゲステロンが少なくなったということでFSHの抑制が外れ、多く分泌されます。それによって排卵が起こりやすくなります。排卵がきちんと起こることで、生理周期が整い、基礎体温も2相に安定してくる場合があります。

 

ピル中止後、高温期が続くことがある?その理由は?

 

ピルの服用を中止した後、基礎体温をつけていると、高温期が続くことがあります。高温期が続く場合に考えられるのは、生理前の時期であるか、妊娠しているかということです。

 

通常、高温期は、12~16日続きます。妊娠している場合は、黄体ホルモンなどの分泌が継続するため、基礎体温が下がらず高温期が続きます。18日以上高温期が続いている場合は、妊娠している可能性が高くなるため、妊娠検査薬などで確認をしましょう。

 

ピルを中止した直後に妊娠した場合でも、胎児に影響が出るということはありません。 ピルを中止した後、排卵や通常の生理周期が戻るのは、平均的に3か月程度かかりますが、これは個人差があり、中には中止後すぐに戻る場合もあります。

 

ピル中止後に、生理の再開を待たずに排卵している場合もあり、その排卵日付近で性交があれば妊娠することもあり得ます。ピル中止後のリバウンド現象で排卵が起きやすくなる人もいるので、もし妊娠を希望しない場合は、避妊をきちんとするようにしましょう。

 

ピル中止後に基礎体温がガタガタ、どうすれば良いの?

 

ピル中止後に、基礎体温が安定しないということは、ホルモンバランスの乱れなどによって生理周期も乱れていることが考えられます。通常は3か月前後で排卵も戻りますが、個人差もあります。

 

ピルを中止した後に、基礎体温の測定を再開することで、自分の排卵やホルモン分泌の状態が戻ってきているか知ることができます。 ピルを服用中は、生理周期は28日になるように調整されています。

 

中止後、そのまま28日周期になる場合もあれば、元々の自分の周期になっていく場合もあります。排卵が起きないと、生理周期は長く伸びていく傾向があります。 ピル中止後に、なかなか生理周期が戻らない、排卵が起きていないなどの場合は、3~4か月ほどは、しばらく様子をみて、改善しなければ医師に相談するようにしましょう。

 

妊娠を希望するために、ピルを中止するという人は多いですが、まずは卵巣の状態が戻り、排卵できるようになる必要があります。元々、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)や黄体機能不全などがあった場合は、それが妊娠の妨げになってしまうということもあります。

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼

基礎体温がガタガタなとき、どんな治療があるの?使われる薬や黄体機能不全・多嚢胞性卵巣の疾患に対する治療とは? 

 

また、妊娠を希望していなくても、生理周期を整えることは大切です。中止後は、それぞれの目的に合わせて治療を行っていくことになります。

 

ピル中止後は、休ませていた卵巣の状態が戻るまで、しばらく時間がかかりますが、ホルモンバランスを整えるために、自分でも出来ることをしましょう。食事や睡眠などの生活習慣やストレスの蓄積はホルモンバランスにも影響します。

 

基礎体温をつけ、自分の生理周期を把握するとともに、ホルモンバランスを整えることが大切です。