30代の妊活ブログ【うさこママ日記】

36歳、2歳の子育て中のママです。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が原因で不妊治療をしていたときの記録と 二人目希望のため再び始まる不妊治療の日々についての日記です。

基礎体温の低温期がガタガタになるのはどうして?低温期の乱れのパターンや改善方法について

基礎体温の低温期がガタガタになるのはどうして?

基礎体温の低温期とはどんな時期?低温期がガタガタになるのはなぜ?

正常な基礎体温は、低温期と高温期の2つに分かれています。

基礎体温が低温期になるのは、生理が始まってから、排卵期を迎え、高温期になるまでの約14日間です。

 

生理が始まると、約5~7日間かけて、不要となった子宮内膜などが出血として体外に排出されます。その後、次の妊娠に備えて、新たに卵胞が育ち始めます。

 

低温期の期間は卵胞が育つ時期であることから、卵巣の周期でいうと卵胞期といいます。

新たな卵胞を育てるスイッチとなるのは卵胞刺激ホルモン(FSH)です。それが卵巣に届くと、主に卵胞ホルモンであるエストロゲンが分泌されます。

 

エストロゲンの働きによって未熟な卵胞が成長し、子宮内膜が厚く増殖していきます。

このように、低温期で大事な役割を担うエストロゲンには、体温を下げる作用があります。

 

反対に高温期に分泌される黄体ホルモン、プロゲステロンは体温を上げます。

生理が始まるとプロゲステロンの分泌はなくなっていくので体温が下がりますが、その後、低温期の間はエストロゲンが分泌されているので、体温が低いままで経過することになります。

 

エストロゲンは、卵胞ホルモンともいうように、卵胞が排卵に向けて成熟することで分泌の量が増えてきます。

つまり、しっかりと卵胞が成長しない状態では、エストロゲンの量も不十分になり、また、その卵胞が排卵した後に分泌される黄体ホルモンであるプロゲステロンも不足することになります。

 

低温期の基礎体温がガタガタで安定しない場合、この時期のホルモンの働きが不十分であったり、生理後からのホルモンの切り替えがうまくできていなかったりする可能性があります。

 

低温期の基礎体温、正常値はどのくらい?高くなるのはなぜ?

 

低温期といっても、体温自体には個人差があります。

基礎体温はちょっとしたことでも影響を受けるので、はっきり何度くらいが正常と決まっているわけではありませんが、36.5℃以下で経過するのが平均のようです。

 

低温期の中でも体温が高めの日、低めの日など一時的な変動があっても問題ありませんが、低温期にも関わらず、いつも36.5℃以上だと高すぎるといえます。

 

低温期に体温が低めで経過するのはエストロゲンの作用によるものです。

この時期に体温が高すぎると、卵胞が育ちにくくなる場合もあります。 低温期の期間全体の体温が高いまま、何周期も続くようなときは、ホルモンの異常が起きている可能性もあります。

 

例えば、黄体ホルモンが過剰になるハルバン症候群では、通常妊娠していなければ約14日間で生理がきて低温期に入るはずなのに、体温が下がらなくなります。

高温期が長くなるというのが分かりやすい症状ですが、いったん下がっても高温期のような高めの体温がまた持続する場合もあります。

 

また、子宮内膜症では、生理が始まり体温が下がるはずなのに、高いままになることがあります。

ホルモンの状態が不安定だと、生理中から低温期にかけての切り替えがうまくいかず、基礎体温も乱れやすくなってしまいます。

 

基礎体温だけで、このような病気があるかどうかは断定できませんが、気になる症状があれば、早めに受診した方が良いでしょう。

 

基礎体温が低温期からなかなか上がらないのはなぜ?

 

排卵期に入り、基礎体温が低温期から高温期に上がるときに、なかなか上がらず移行に日数がかかったり、中間くらいの体温がしばらく続いたりして、「いつからいつが低温期?」と分かりにくいことがあります。

 

低温期と高温期の体温の差は、0.3℃以上あるのが望ましいとされています。

排卵によって、黄体ホルモンの分泌が始まることで、体温上昇があり、高温期に入ります。

 

黄体ホルモンの不足や働きが不十分で体温がしっかり上がらない、排卵がなかなか起こらない場合などでこのような基礎体温がみられます。

低温期が不安定だと、ホルモンのバランスも乱れやすいので、排卵や高温期に影響が出ることもあります。

 

低温期の基礎体温がガタガタで長く続くのはなぜ?

 

低温期は、卵胞が排卵に向けて成長するための期間です。

低温期が長くなるということは排卵までの日数が長いということであり、卵胞の成長が遅い可能性があります。

 

排卵後に卵胞は黄体に変化しますが、黄体の寿命は、妊娠していなければ約14日間と一定になります。

生理周期が長いタイプの人は、低温期が長くなる、または高温期がはっきり来ないという場合が多いです。

 

私も、元々生理周期が長いタイプでしたが、婦人科の健診で排卵障害である多嚢胞性卵巣症候群だということが分かりました。

排卵がたまにしか起こらない稀発排卵のような状態で、卵胞が成長しにくくなっていました。

不妊治療で排卵誘発薬の内服を始めてからも、排卵まで17~20日くらいかかる周期が多かったです。

 

医師からは排卵までの日数が長すぎると妊娠しにくいという話も聞きました。

不妊治療に限らず、排卵障害はホルモンバランスの乱れなどが起こっている場合が多いので、低温期が長すぎる場合は、受診し、原因を検査した方が良いでしょう。

 

基礎体温が低くてガタガタなのはなぜ?妊娠への影響は?改善方法はあるの?

 

低温期の基礎体温がガタガタになっている人の中には、低温期も含め、全体的に体温が低いという人もいるでしょう。

 

低温期には、卵胞を成長させるため、ある程度低めの体温を維持することも大切ではありますが、必要以上に体温が低いときは、体全体が冷えて血流不足や、冷えからくるホルモンバランスの乱れが起こっている可能性もあります。

 

慢性的に体が冷えていると、血流が悪くなり、臓器に送られる血液が不足します。

卵巣や子宮などの女性器は、その影響を受けやすく、ホルモンは血流にのって運ばれるため、働きが悪くなってしまいます。

 

血流が悪いと、低温期に育つ卵胞に十分な栄養が送られず、成熟しなかったり、成熟に時間がかかったりしてしまいます。

まず妊娠できる力のある卵子が排卵されなければ、妊娠はできません。

不妊や生理のトラブルに効果があるとされる漢方には、体を温め血流を良くするものが多くあります。

そのことからも妊娠のために不可欠な卵胞の成長や排卵には、冷えが良くないということが分かりますね。

 

また、仕事や日常生活の中で受ける強いストレスも、基礎体温やホルモンバランスに悪影響を及ぼすことが分かっています。

ストレスを受けると、人間の活動と休息のバランスをとっている自律神経が乱れます。

 

そしてストレスが持続すると、自律神経のうち、興奮状態になる交感神経が刺激され続けます。

交感神経が刺激されると、全身の血管が収縮します。それが続くようなストレスフルな状態が、体の冷えを招くといわれています。

 

自律神経をコントロールしている脳の視床下部や下垂体は、同時に女性ホルモンの調節も担っている場所です。

自律神経の乱れは女性ホルモンのバランスに影響し、その逆もあります。

指令役の視床下部や下垂体と指令を受けて働く卵巣がうまく連携できてこそ、きちんと排卵が起こります。ストレスによって自律神経や女性ホルモンが乱れることは、排卵障害の原因、不妊にも繋がりかねません。

 

基礎体温が低く乱れている場合は、まず生活習慣を振り返り、できることから改善しましょう。

朝早めに起き、食事をバランスよく3食食べる、夜はしっかりと睡眠をとり、体と心を休めることです。

 

また、体を冷やすような習慣がないか見直すことも大切です。

生理周期や妊娠に関わる性腺刺激ホルモン(排卵などの最初の指令であるGnRH)や成長ホルモンは、睡眠中に分泌される量が増えることも分かっています。規則正しい生活、食事、十分な睡眠は、基本的なことのようですが、それだけで基礎体温が整ってくる場合もあります。

日常生活の見直しをしながら基礎体温の測定を続けるとともに、変化がなければ、異常がないか一度検診を受けることも大切です。

 

▼もっと詳しく知りたいときはこちらの記事をクリック▼

基礎体温ガタガタを改善するには?マカ・葉酸などのサプリやルイボスティーの効果は?

基礎体温ガタガタを整える漢方はあるの?漢方薬の効果とは?